2018年2月17日土曜日

報告:公園財団主催「プロジェクト・ワイルド 鳥編」に参加

「プロジェクト・ワイルド 鳥編
エデュケーター養成講習会 参加報告

[ずらりならんだ、鳥(在来種)の卵の模型] 
 2月12日(月・祝)(一財)公園財団の本部(文京区)で開かれた、同財団が実施する人材育成事業 環境教育プログラム「プロジェクト・ワイルド 鳥編」の講習会に終日(10時から17時半)参加しました。
[「プロジェクト・ワイルド 鳥編」のテキスト表紙。なんと厚さ3㎝、415頁に及ぶ大作]
この種の研修は様々な団体が主催したものが様々ありますが、有償のものがほとんど。公的助成では、この種の研修への参加費用の助成はありません。
フルタイムで職業を持っていると、休日でも平日でもなかなか都心での長時間の研修に参加するのは容易ではありません。
[「プロジェクト・ワイルド 鳥編」のテキスト中表紙。]
実は、私たちの1月の活動で特別講師として鳥の羽毛のお話しをしてくださった同財団の檜山綾香さんが、この研修のテキスト(オリジナルはアメリカ版)の日本語版の編集を担当され、私たちの活動で12年間蓄積してきた巣箱作りのイラスト設計図とノウハウの一部を無償で提供し、410頁ほどのテキストの内、6頁ほどを飾りました。
財団から、今回初めて都内で開催されたこのテキストを利用した研修をご紹介いただき…ならば何としても参加せねば…ということだったのです。

平日とほぼ同じ時間に自宅を出て、有楽町線江戸川橋駅近くの公園財団本部へ、、、。
会場は、30人近くの参加者。環境学習の関係者が多かったようです。
講師は公園財団の川原氏ともう一人アメリカ・メリーランド州からのケリーさん。
研修といっても講師のお話は一部。
残りは課題を与えられて、3から5チームに分かれて実際のプログラムに取り組み、他のチームを相手に実践し、評価し合うことを繰り返す方法。
[会場の様子はこんな感じ。私が写っていないのは、仕方なく…笑]
アメリカ人のケリーさんは、メリーランド州の公務員。環境学習の専門家。
この日のお話は、ワイルドターキー。野生種の七面鳥。
日本にはいない鳥ですが、とても興味深いものでした。
開始前に、いろいろお話させてもらったのがとても楽しかった。
クモや昆虫大好きな、アメリカン・レディでした。
 [「プロジェクト・ワイルド」の看板とケリーさん]
下の写真は、プログラムになかで用いられた素材の数々。上から順に…
鳥の卵を当てる問題。
鳥に関するビンゴ。
ワシの紙飛行機。
鳥の鳴き声あてに用いた鳥のカード
これは、私が書いた問題の解答のシートです。
 各自の関わる活動の資料を提供してよいとのことでしたので、私たちの活動紹介資料を持参し、参加された皆さんにお渡ししておきました。
下の写真は、講義の最後、一人一人に修了証を渡してくださるところ。
 これが、修了証。ちゃんと私の名前も記載されています。立派です!
ところで、先に書きましたが、テキストの6ページ分に、私たちが12年前から続けている1月の活動の設計図などの資料を提供しました。
ビオトーププロジェクトに参加して下さる皆さんには、見慣れた設計図ですが、こういうテキストで使っていただくと、私の稚拙なイラストも立派に見えました。
この設計図をもとに、日本中に巣箱が増えるといいな!と願っています。
最後にケリーさんと2ショット。
振り返るとこの研修のテキストに檜山さんからの要請がもとで、私の資料を提供。
それから1年以上かかりましたが、テキストができ、この日の体験をさせていただくことが実現しました。
鳥の活動プログラムは、まったくの私のオリジナルプログラムとして少しずつ育ててきたものでした。
しかし教わる側として鳥に関わる網羅的な研修を受けるのは初めてのこと。
いろいろ勉強になりました。
環境学習の活動で知り合い、大学の同窓であることも後に知った檜山さんと私とのコラボレーションがテキストの形になり、社会に発信され、うれしく思います。
ありがとうございました。
【参考】
●公園財団のHP
 http://www.prfj.or.jp/
●プロジェクトワイルドのHP
 http://www.projectwild.jp/
●上記の中の研修会の案内(私が参加した鳥編も記載あり)
 http://www.projectwild.jp/edu_training/
文章:小池常雄
写真:   同
ブログ編集:同




2018年2月10日土曜日

開催案内:第11回定例活動

2017年度第11回定例活動 を開催します。
「春を探して里山ハイキング」

本年度定例第11回目(特別活動を合わせ延19回目)の活動は

気温も上がり晴天微風。絶好の活動日よりです!

予定通り2月17日(土)午後実施します。 
12年間で、12回目の開催になる恒例のプログラムです。 
つくし野小から徒歩で行ける範囲の里山を散策・周遊し、春の気配を探す内容です。
途中の小休止の時には簡単なおやつが出ます。 
完走者には参加賞を差し上げます。
今年は、残雪が多少ありますが、前週に主催者がルートを確認済。例年とは少し異なるルート選択など、安全確保のため、柔軟に対応を判断して実施します。
工夫して、楽しい内容になるよう努めます。 ご参加をおまちしています。
[2017年の同プログラムより:出発の時にルートとポイントを説明] 
【開催日時・集合場所】
(雨天順延)緊急の連絡は当活動のホームページ:ブログに掲載
217日(土)
1300  
つくし野小東門前に集合(15分前から受付開始)
早めに受付して下さい。開始15分前から受付けます。
ログラムの説明の後、全員で春を探しに出発!
今年は降雪が少しあり、残雪も残る経路ですので、例年のルートから少し変更し、安全第一で実施します。
前週に経路を踏査済です。
1630 
活動終了予定(ビオトーププロジェクト専用畑で解散)
※雨天の際、翌日もしくは翌週に延期で実施
 →緊急連絡はビオトーププロジェクトのホームページに掲載
[経路で途中休息する神社にて]
[ルートの途中から見えるものは、意外なもの?。意外によく見える!!晴れていればだけれど…]
【持ち物・用意する物】
名札、筆記用具(鉛筆:必須)、歩きやすい靴体温調整しやすい服装、軍手、タオル、(できれば暖かい)飲み物、新聞紙(23枚)、大きめのスーパーのビニール袋
簡単な行動食(歩いても元気が出るもの)は主催者で用意しますので食べ物は持参禁止です。
[途中の栗畑:お菓子で元気を補給]
以下は、つくし野小学校全校児童(420枚)とつくし野天使幼稚園年長(65枚)に配布し、両校に掲示をお願いした開催案内チラシの裏表。
ご参加をお待ちしています。
文章:小池常雄
写真:   
ブログ編集:同





2018年2月7日水曜日

報告:畑の様子(雪がきえました!)

畑の雪が消えました!
これは、2月4日日曜の朝の畑の様子。
ようやく雪が消えたように見えます。
でも、南側の住宅のすぐ北側で日陰の部分には、まだ雪が残ります。
丁寧に観察すると、ネギは雪の重さで折れていますし、通路の部分は霜柱のせいで泥んこ。
雑草まで根ごと浮き上がってしまっています。
これは、ネットを掛けられていなかったブロッコリー。
先週の状態より、鳥による食害がひどくなっています。野鳥が飢えているということです。
これは、菜の花。
少し、天候が安定したら、ネットを外してやればぐいぐい成長するでしょう。
 何年も使っているネットもあるので、ちょっと傷んだものもあり、いささか美しくはないですが…。
これは、エンドウ。
じっくりとでも、しっかりと成長しているのが分かります。
これは、コマツナなどのネット掛けた様子。
そっと、ネットをはがしてみると、こんな感じ。
先週と比べ、なお、成長しています。
温室での栽培と違い、大きくはないですが、葉が厚く、おいしそう。
人間だって、苦労を重ねると人間味が出て大きくなれますが、やさいだって同じ。
ネットで覆われていても厳しい天候にさらされていると、丈夫に育ち、葉が厚く、栄養もたっぷりな感じです。
これは、ソラマメ。植えた時期が遅く、寒さが来たのが急だったので、まだこんな感じ。でも寒さに当たることが、春先の急激な成長には必要です。
これは、畑の土手の上に撒いてみた大麦の芽。何とか寒さに耐えています。
でも、土手の上のナノハナは霜柱で今年は全滅??
こちらは、お隣の中村さんの小麦。
雪にも寒さにも負けずに美しい姿です。
今年の冬は、とても寒く、厳しい日々が続きます。
春の到来が待たれます。
文章:小池常雄
写真:   同
ブログ編集:同

2018年2月5日月曜日

報告:畑の様子(雪景色の畑)

積雪後の専用畑の様子を紹介します。
 2018年1月27日土曜日午前、積雪後初めて専用畑を確認。こんな雪景色が広がっていました。
ネギは半分雪に埋まっていますが、青い部分はピンとたち、おいしそう。
 もう陽は登っているのに、通路部分にはこんな霜柱がいっぱい。
 葉物野菜にはネットを掛けておいたのですが、これは大正解。
ややこの部分が高くなっているせいか、雪は積もっておらず、冬の陽ざしを浴びて耐えています。これはナノハナ。
 心配しているソラマメもようやく芽吹きが確認できました。
 コマツナは、こんな感じ。そろそろ収穫も…という感じです。
甘そうで葉が厚く、濃い色の緑の葉が輝いて見えます。
ネットがかけられなかったブロッコリーは、無残に葉が食べられています。
これはお隣の畑のブロッコリー。人間が食べる花芽には見向きもせず、葉っぱばかりを食べています。ダイコンの葉っぱや、ナノハナは全く食べられておらず被害がありません。
これは、少し前のネコの足跡?
 これは、一緒に行った「ヒト」(人間の事)の女の子の長靴の足跡。
今年はまだ、雪が降りそうです。
2月の活動のコースの状況が心配ですが、まあ、心配しても始まりません。
例年、活動の前の週には必ず安全確保のための下見をしていますが、何らかの形で状況は事前に把握します。
2月の活動は、第2土曜日10日が、つくし野小学校の行事と重なりますので、17日土曜日に開催予定です。


文章:小池常雄
写真:同
ブログ編集:同