2017年8月15日火曜日

話題:夏の高原の昆虫たち

昆虫たちの夏
夏は、カブトムシだけではなく多くの昆虫たちにとって、最も活性が高く(元気よく活動すること)、長い幼虫や蛹の季節を終え、成虫になったり、食べ物を食べたり、子孫を残すための活動をする季節です。

私たちが住むつくし野でも他の季節に比べてはるかにたくさんの昆虫が観察できますが、野や山や高原でも、身近ではなかなか見られない、多様な種類の昆虫の姿が見られます。
ここでは、夏休みに訪れた箱根の仙石原…という場所にある「箱根町立箱根湿性花園」で見かけた花や昆虫たちの姿を、残暑お見舞いのはがきに代えて、できるだけたくさんの写真でお届けします。
きれいな花や昆虫、カタツムリの仲間だけの写真ではなく、両方が映った写真を選んだのは、昆虫と花との密接な関係を感じていただきたいからでもあります。







一番下の写真は、ガの写真なのですが、すでに死んでしまっています。
雨の中、一休みするつもりで止まった葉の上で死んでしまったのでしょうが、そのまま雨に打たれ、貼りついてしまったものです。
羽根の鱗粉が雨で落ちてしまい、透けてしまっていますが、これもまたはかなさと美しさを感じた写真となりました。
以下は、昆虫が伴わない、花や実だけの写真です。




















私たちの畑では、エダマメとサヤインゲンが順調に生育を続けていて、夏休みの期間に特別活動をご案内できると考えています。
チラシではなく、このブログだけでの案内になりますので、週末近くになったら、覗いてくださいね…。 残暑お見舞いに代えて…。
文章:小池常雄
写真: 同  
ブログ編集:同

話題:ソラマメの種の整理

今年の秋用の種を整理しました。
今年の5月にソラマメを収穫しましたね。ほとんどは、この日生食用に参加者で等しく分けました。
でも、そのとき、次の年の種用に…と一部を残したことをおぼえていますか?
[写真右の茶色くなった部分です。6月24日]
これはそのままにしておき、しばらく後、ジャガイモの収穫の時に、サヤのまま収穫。
あとは、園芸用の平バケツに入れて私の家の納戸の中で乾燥機をかけて放置。
カラカラでこんな感じになったので、サヤから種を取り出し収穫することにしました。
 とてもよく乾燥させたので、半分くらいはサヤがよじれ、黒いさやから緑色の種が飛び出しているものもあります。
 丁寧にひとつづつ種を取り出すと、こんな感じ。
サヤを取り除いたすべての種の重さを計ってみると、840グラムありました。一つ一つは乾燥させているのでとても軽いのですが、これだけ集まると量がありますね…。
蜂蜜とスナックの空き容器を丁寧に洗い、ラベルをはがし、乾燥材を入れ、こんな感じで保存します。
来年もまた、今年の初夏のように、こんな感じで収穫でき、贅沢にお腹いっぱいソラマメを食べられたらいいですね…。
種まきは、11月から12月頃です。
活動の中で種まきをしたいと思います。お楽しみに…。
文章:小池
写真:小池
ブログ編集:小池

2017年8月2日水曜日

活動報告:第5回定例活動

第12回カブトムシ相撲大会 
つくし野場所を開催しました。

今年は、この活動の12年前の創設者田村先生のお名前を冠し、≪田村健治先生記念≫として開催しました。事前の小物の準備は、3週間ほどの間、少しずつ進めたのですが、当日しかできないこともあります。この日の朝9時、畑で賞品とするカボチャやエダマメ、ミニトマトを収穫することから始めました。

2017年7月29日土曜日

お便り:鉄鋼マンさんからお便りをいただきました

「虫愛ずる姫君」のおはなし

いつも大変お世話になっております。先日のジャガイモの収穫の活動はありがとございました。
いつもながらの出遅れで、ついた時にはみなさんイモほりに熱中しているところでした。うちの子達も、遅れはしたものの、大変楽しかったようです。
夜は、最初、ジャガバターで楽しませていただきました。

その後、当初粉吹きイモの予定と聞いていたのですが、マッシュポテト的な外見となって登場してきました。これはこれでおいしかったです。

ちなみに私の郷里郡山では、ジャガイモのことを『カンプラ』と言っていました。
戦時中、郡山で『カンプラ』を食べて、奥さんに『郡山にはカンプラという大層おいしい食べ物があるから、食糧不足になっても大丈夫だから』と言って、家族を連れて疎開してきた人がいて、奥さんが実際に食べてみたら、ただのジャガイモだったという笑い話を聞いたことがあります。

奥さんが実際にそう言っているのを聞いたということなので、本当なのだろうと思いますが、話していたのがうちの父なので、真偽のほどはだいぶ怪しい感じですが・・・・。

さて、畑で分けていただいてプランターで育てていたプロッコリーで3匹のアオムシを見つけました。

娘が羽化させたいというので水槽で飼っておりましたが、まず1匹目がサナギになりました。(写真のサナギです)

2017年7月22日土曜日

開催案内:第5回定例活動 開催

「第12回カブトムシ相撲大会つくし野場所」
開催告知!


本年度定例第5回目の活動は7月29日(土)午後


「田村健治先生記念 第12回カブトムシ相撲大会つくし野場所」

             をつくし野小学校視聴覚室で実施します。 

年間を通じたプログラムを実施しているこの活動の、シンボルともいうべきものであり、12年連続して実施している第12回目の恒例の大会です。 

本年から本活動の創設者田村先生(元つくし野小校長、元市教育委員会)のお名前を冠した大会とします。 

年、熱戦が繰り広げられるオリジナルルールでの戦いです。

「個人勝ち抜きトーナメント戦」「体重(♂・♀別)戦」「早登り競争」の3つの種目の実施を予定しています。  

ご参加をおまちしています。
なお、参加者全員に障害保険を掛けています(28円/人・日)。安全確保には努めますが、すべての危険を排除できるものではありません。

参加料は無料です。


【開催日時・集合場所】
(雨天実施)緊急の連絡は当活動のホームページに掲載

7月29日(土)13:00 つくし野小学校 視聴覚室 集合
              体育館側の昇降口から入ってください。
       (12:40 受付開始
       (細かい手続きがあるので早めにきて受付してください。)
                 13:15 カブトムシの生態・飼い方などの解説の後、3種類の取り組みを実施。
        16:00 活動終了予定(現地で解散予定)

【持ち物・用意するもの】
名札、筆記用具、スリッパなどの上履き、飲み物(十分な量を必ず!会場に冷房はありません。扇風機のみ有。暑さ対策は個人の責任で!!マイカブトムシ(日本固有種のみ外国産は持参禁止。マイカブトがない人はレンタルカブトもあります(種目制限有))、スーパーのビニール袋。
来年に向けて、マイカブトムシを育てたい人は、若干のカブトムシを配布できる可能性があります。希望者は、大きめの水槽に飼育用の甲虫マットを入れ、湿らせたものを持参してください。)希望者は小池宛事前に連絡をください。
 
【申込み方法】
事前の申し込みは不要です。直接、時間までに指定場所に集合してください。
原則として未就学、123年生は保護者と一緒にご参加ください
[さてこれは??:本年新導入の?????の一部分!詳しくは当日。]